【最新版】ビザ・滞在許可証 | フランス留学

【無料】ビザ・滞在許可証のサポート

AAA言語学院では、フランス留学に必要なビザ・滞在許可証関連のサポート・相談を無料で受け付けています

フランス留学するにあたって必要不可欠なものは、ビザ・滞在許可証の取得です。

3ヶ月以下の滞在の場合は日本のパスポートであればビザを申請する必要はありませんが、3ヶ月を超える滞在を希望する場合はそれぞれの目的に沿ったビザを取得してフランスに入国しなければなりません。

日本にて取得可能なビザの申請方法は在日フランス大使館のホームページにて詳細を閲覧することができますが、AAAのホームページには実際にビザを取得してフランス留学を経験したスタッフからのコメントも追加しており、より明確になっています。

また、ビザを取得してフランスに入国した後の手続き、パスポートに添付されたビザを滞在許可証として有効にするための手続き、各種滞在許可証の更新や身分変更についても詳しく説明しています。

特にフランスでの滞在許可証関連の現状や申請方法は、インターネットの情報内容が明確でなかったり、情報が右往左往しています。また、フランスの行政手続き内容について記載されているフランス政府公式ページでも明記されていないことがあるので気をつけましょう。

よって、フランス留学関連の日本人ブロガーや体験談を当てにするしかないのですが、その情報が十分でなかったり古いこともあるので注意が必要です。また、フランスのビザ・滞在許可証事情は政権によって頻繁に変更されるので、最新情報を把握することが重要です。

確かに、フランス政府公式ホームページには、少なくとも間違った情報は掲載されていないと思いますが、フランス語の専門用語や読み慣れない文章が頻出しているため、人によっては正確に理解をするが難しい場合があります。

そこで、AAAのホームページではフランスのビザ・滞在許可証関連の最新情報を明確に説明・随時更新しています。AAAの学生の体験談も掲載しているので、そちらも合わせてご参照ください。

ホームページを読んでも不明な点や質問がある場合は、AAAのスタッフにお気軽にお問い合わせください。フランス留学の先輩であるスタッフが経験談も交え、可能な限り皆様の疑問を解決します。

 

ビザの種類

学生ビザ

フランスでの就学を目的としたビザ。フランスにて更新手続が可能。約週20時間以下の労働が認められています。

ビジタービザ

様々な目的でフランスに滞在することができるビザ。フランスにて更新手続が可能。労働は認められていません。

ワーキングホリデービザ

18歳以上30歳以下を対象としたビザで、フランスの文化に触れながら労働可能。有効期限は1年間。


フランスにて申請可能な滞在許可証

フランスで働く

フランスでの労働を希望する場合に取得する滞在許可証は「就労」「一時就労」「フリーランス・自営業」などがあります。

フランスで結婚/PACSをする

その他のフランスの滞在許可証