奨学金概要

奨学金概要

フランス留学奨学生財団は、フランス語、そしてフランス文化を多くの方々に学んで頂きたいという願いのもとに、設立されました。フランス留学を通して「夢の実現」に向かおうとする人々こそ、本学院の宝です。そのコンセプトのもと、各方面からのご援助を受け、奨学生、研修生を受け入れてまいりました。本年度もフランス留学奨学生の道を日本人にも開いています。

学問に取り組む方はもとより、芸術・科学、またさまざまな職業において自己を磨き深める意思を持ち、夢の実現と可能性に向かっていこうとする人々、そして、パリ滞在が将来の糧となる人々をフランス留学奨学生として広く募ります。本学院が多様・多彩な人々の集う、夢の実現の場となることを願ってやみません。AAAは単なる語学学校でなく、学問を通して自己の追求/人間の追求をしていく広場です。それぞれの奨学生が社会に対する自分の役割を探し当てることを願ってやみません。

フランス留学奨学生の要綱

  • フランス留学特別奨学生=特典:本学院授業料の全額…1名
  • フランス留学一般奨学生=特典:本学院授業料の半額…8名

留学期間

  • 1年間:4月期~翌年の3月期まで。但し、留学1年目の成績の結果により2年に延長可能である。

応募締切

  • 毎年1月10日(当日消印有効:フランス時間)

留学校

  • パリ、A.A.A高等言語学院

応募資格

  • 18歳以上:応募趣旨にかなっている者 (フランス語は出来なくとも良い)

応募方法・選考方法

  • 選考は二次に渡ります。応募希望者には下記の小論文が課されます。小論文は履歴書を添えて、提出してください。(尚、論文及び履歴書は返却いたしません)

第一次選考 / 小論文

  • 「なぜフランス語を学ぶのか」 または 「フランスで何を学ぶのか」 3000字以内

第二次選考 / 面接

  • 小論文審査通過者のみ。日時は追って通知。面接は日本で本校が指定した面接官によって東京でおこなわれます。

願書提出先

付記

1:フランス留学奨学生の義務について

フランス留学奨学生はAAAが主催する研究会の1つに参加し、テーマの終了毎にレポートを提出する。
フランス人又は日本人の子供に日本語(国語)を週2回(3時間)教える。
フランス留学奨学生は夏期休暇以外のアルバイトは認めない。
2年目以上のフランス留学奨学生は自分で週1回のフランス語の研究会を主催する。

2:渡仏のタイミング

渡仏の時期、および入学・入寮の時期については、問い合わせの上確認すること。

3:旅行

修学期間内のフランス以外の国への旅行は本学院に必ず届け出ること。

4:住居

フランス留学奨学生に対して優先的な住居の手配をおこなう。また、フランス政府から発行される住居費手当ては家賃の約30%前後である。

5:授業

総合フランス語コース(夏期講習を除く11ヶ月期分の受講)

6:奨学生授業料免除額

特別奨学生 : 3225€ (2014年3月現在)

一般奨学生 : 1612.50€ (2014年3月現在)

ページの上へ