【最新版】ビザ・滞在許可証 | フランス留学

主なビザのタイプ

学生ビザ

学生身分の長期ビザ(VLS-TS)は、3ヶ月以上(4カ月~1年)フランスに勉強の目的でフランスに滞在する上で必要です。長期学生ビザは、滞在期限が切れる前にフランスにて更新が可能です。学生ビザでは、年間964時間を上限にアルバイトが可能です。

  • 学生ビザの申請方法 : 詳細はこちら
  • 学生ビザの更新:お住いの地域を管轄する県庁又は県庁分所にて申請します。

ビジタービザ

ビジタービザは、労働や学業が目的以外の場合に申請します。ビジタービザを申請する場合は、労働をしない旨の宣誓書を書く必要があります。

ビジタービザの更新は可能です。

詳細はこちら

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーは、18歳~30歳(アルゼンチン、オーストラリア、カナダは35歳まで)の方が申請可能です。ワーキングホリデーは、仕事を学生ビザとは違いフルタイムで働くことも可能です。アルバイトをしながらフランスやヨーロッパを旅行したりしたい方に最適です。

1年間有効で延長不可

詳細はこちら


その他のビザ

労働する場合

就労ビザ、フリーランスビザでは、お仕事でフランスに来る方が申請可能です。

詳細はこちら

家族帯同の場合

詳細はこちら

旅行 / プライベート

詳細はこちら


フランス到着後の長期学生ビザ(VLS-TS)の有効可

フランス到着後、3ヶ月以内にお持ちの長期学生ビザを有効可する必要があります。有効可されていない場合、不法滞在となりますので、ご注意下さい。

長期学生ビザ(VLS-TS)有効可について